“ドーム好き”FA大竹「巨人が本命」

2013年11月13日 16時00分

巨人入りが有力視される大竹

 12日、FA権の行使を決断した広島・大竹寛投手(30)は「他の球団の話を聞いてみたいと思った。選手として優勝したいという気持ちもある。挑戦したいとか、新たな世界を知りたいというのが正直なところ」と胸中を明かした。

 

 広島にとってはまさかの事態。3回目の交渉では条件面でほぼ合意していたからで鈴木球団本部長は「ものすごくショック。聞いた時は言葉が出なかった」とガックリ。FA宣言残留もOKだが「ウチが選択肢に入ることはないだろう」と退団は避けられないとの見解を示した。

 

 通算74勝の実績を持つ右腕には巨人、ソフトバンク、楽天が獲得に名乗りを上げそう。「いろいろな話ができると思うのでそのなかで(答えを)見つけていけたらと思う」と大竹は話したが、赤ヘル内では「巨人が本命」ともっぱらだ。

 

 理由は埼玉出身で在京志向が強いこと。さらに今季シーズン途中の4月に広島から巨人に移籍した左腕・青木の存在もあるという。「大竹にとって、青木はよき兄貴分。(広島では)いつも2人でつるんでいて公私にわたって仲良くしていた。青木がいるだけで巨人には安心して入っていけるからね」(チーム関係者)

 

“ドーム好き”ということもある。今季10勝10敗の大竹はドーム球場に限れば4勝1敗(東京ドームでは1勝1敗)。今季は夏場のマツダスタジアムでの登板中に脱水症状に陥るなど力を発揮できなかった時もあり、別の関係者は「暑い時期が苦手なので涼しい環境で投げられる東京ドームは魅力に映っているのだろう」と推測した。

 

 来季の大竹は今年のクライマックスシリーズ・ファイナルステージで敗れた相手・巨人のユニホームに身を包み、広島の敵となってしまうのか。FA交渉が注目される。