ソフトB末期的「マー君アレルギー」

2012年06月30日 12時00分

 ソフトバンクは29日、楽天のエース・田中将大投手に歯が立たず、0—6で屈辱の完封負けを喫した。球界屈指の右腕には昨季から勝てず、〝マー君アレルギー〟はもはや末期症状だ。先発・山田は好投したが、自らの失策で手痛い失点を献上し、流れを失った。勝てば3位楽天に並ぶ直接対決を落とし、2連敗。借金は3になった。

 今季初対戦の田中に7回までは二塁すら踏めない。1点リードされた直後の8回に敵失などで一死満塁と逆転の絶好機。だが、この日スタメンを外れた代打・小久保が空振り三振、明石は惜しい左直に終わった。チーム全体でわずか5安打。大スランプに陥っている内川は4タコで、24打席連続無安打となった。

 苦戦は重々承知の上だった。立花打撃コーチはマー君攻略法として「基本(の組み立て)は真っすぐとスライダー。カウント球が高めに抜けるからそれを狙って」と青写真を描いた。一方で「ここってところで150キロが来る。モノが違う」。球界を代表する右腕の実力を素直に認めていた。

 ナインも田中をかつての鷹のエースと重ね合わせ、警戒を深めていた。

「これまでは闘志むき出しの全力投球だった気がしてた。でも、今年はビデオを見てると、力を抜いていて、それこそ杉内さん(現巨人)みたいに脱力投法にシフトチェンジしてるように思える。次元が違う」

〝マー君アレルギー〟はもはや末期症状。昨季も2完封を含む3敗で、一度も土をつけられずじまい。田中に対する昨季チーム打率は1割8分6厘で、全37イニングで奪った得点はわずか1。完璧にカモにされたそのデータ通りにやられてしまった。

 先発・山田は好投を続けていたが、自らのエラーで先制点を与えてしまった。7回一死二塁で、牧田のボテボテの投手前のゴロを山田が一塁へ悪送球(記録は投内野安打と失策)し、二塁走者が一気に生還。先制点を奪われると緊張の糸はプツリと切れてしまった。

 ソフトバンクは終盤に得点を重ねられ、0—6で完敗。勝てば3位・楽天に並ぶところだったが返り討ちにされ、2連敗。借金は3になった。