〝増量成功〟マエケン通算50勝

2012年06月30日 12時00分

被安打9のマエケンの頭を石原がコツン

 広島・前田健が29日、DeNA戦(マツダ)に先発し、記念すべきプロ50勝目を挙げた。この日は7回を投げ9安打を許すなどピンチの連続。それでも速球を武器に要所で粘りを見せ、1点しか許さなかった。8回からは今村—ミコライオの〝鉄壁コンビ〟が相手打線の前に立ちふさがり、1点のリードを最後まで守りぬいた。赤ヘルのエースとして節目の1勝を挙げたマエケン。これに満足することなく、進化を続けていく。


 前田健は初回一死一、三塁からラミレスの犠飛で先制点を献上。その後6回まで毎回の9安打を許すなどピンチの連続だった。それでも最速14キロの直球を生かした投球で要所を締めた。

 今キャンプから取り組んでいる〝増量作戦〟は順調に進んでいる。これまではなかなか体重を増やすことができなかったが「人生で初めて80キロに突入した。スーツも入らなくなったので新しいものにした」。また「腕や胸、お腹など以前よりかなり大きくなって来ている。本格的に効果があるかどうかは夏場を迎えるこれからだがここまでは順調」(球団関係者)と周囲の期待も高まっている。

 この白星でプロ通算50勝を達成した。それでも「もうちょっと早く達成できたらいいなと思っていた。思い出深いのは初勝利を挙げた試合や市民球場最後の試合。節目で投げさせてもらっているなと感じる。まずは100勝を目指したい」と満足することはなく、さらに勝ち星を積み重ねるつもりだ。

 エースを援護しようと打線は1回裏の攻撃で無死一、三塁から梵が犠飛を放って同点とすると、その後は丸の適時打で逆転に成功した。その後は追加点を奪えなかったものの、前田健の後を受けた今村、ミコライオがしっかりと抑えた。これでDeNAには無傷の7連勝。エースの貴重な1勝とともに6月の勝ち越しを決めた。