澤村救った!阿部決勝弾

2012年06月30日 12時00分

 巨人・澤村が復調を思わせる好投を見せた。29日、中日との首位攻防3連戦の初戦に先発。7回途中まで失策による1失点飲みという力投でチームの勝利に貢献。ここ5試合で18失点を喫した不振からの脱出を印象付けた。

 7回走者を一塁に残しての無念の降板となったが、確実に復活への手ごたえを感じていた。立ち上がりから抜群のボールの切れを見せた。2回までで4奪三振。威力にこだわるあまり、シュート回転してしまっていた直球もコーナーにしっかり決まった。

 これまで澤村に関しては辛口なコメントが多かった川口投手総合コーチも「ブルペンから状態が良く体重移動もうまくできている。徐々に体の力も出てきているし、フォームも安定している」と、ここ最近にはない良さを実感した様子だった。

 遠投とメンタル面で吹っ切れたことが復調のカギとなった。これまでは自分を追い込んで〝自滅〟に近い敗戦を繰り返してきたが、登板前日の澤村の表情はこれまでの〝テンパッた〟ものではなかった。

「結果として勝てればいい。5回5失点でも9回無失点でも勝ちは勝ち。勝ちが一番いい薬だと思うので」。内容よりも白星、というシンプル思考がプラスになった。あとは遠投。「フォームもしっくりしているし、ボールの回転や軌道もいい」。怠ることのなかった自己修整が、ようやく形となって表れた。中大の先輩・阿部の12号2ランという援護も大きかった。

 これまで先発三本柱と言われながらも期待を裏切ってきた背番号15。ようやくその期待に応えようとしている。