〝内弁慶〟中日連勝ストップ

2012年06月30日 12時00分

 中日は29日、2位巨人との首位攻防戦第1ラウンドに1—2で敗れて連勝は4でストップし、1ゲーム差に迫られた。本拠地・ナゴヤドームでは11連勝を飾って敵地・東京ドームに乗り込んだが、この日の敗戦でここまで今季は交流戦を含めて関東遠征は11連敗。モリミチ竜が〝東の都会の水〟に完全にアレルギーを起こしている。

 先発した中田賢がどうしても勝てない。今季最短タイの4回でマウンド降り、5安打2失点で7敗目を喫した。

 立ち上がりから球が上ずった。それでも初回は三者凡退に仕留めて、2回以降も連打や四球を出しながらも粘りの投球で何とか序盤は無失点で切り抜けた。

 ところが、4回に捕まった。先頭の村田に右前へ安打を許すと、続く阿部から143キロ直球を完璧に捉えられ、右翼席上段へ先制の12号2ランを被弾。先発陣に故障者が続出する中で、開幕からローテーションを守ってきたが、5月9日のヤクルト戦を最後に勝ち星がなく、これで自身6連敗となった。中田賢は「ボール先行で苦しかった。フライアウトばっかりなのはボールが高かったということです」とうなだれた。

 とはいえ問題なのは援護できなかった打線の方だ。この日も4連敗中で勝ち運がなかった相手先発・澤村に7回途中まで4安打1失点に抑えられ、5月20日のソフトバンク戦以来となる白星を献上。得点できたのは5回一死一、三塁の際に阿部の悪送球による1点のみ。中日打線は味方の中田賢を見殺しにしただけでなく澤村の連敗脱出をナイスアシストしてしまった格好だ。