ソフト松田「かめはめ波打法」習得へ

2013年11月06日 16時00分

打撃フォーム改造に取り組む松田

 ソフトバンク宮崎秋季キャンプで松田宣浩内野手(30)が打撃フォーム改造に取り組んでいる。目指しているのは「体重移動を極力抑えること。後ろにためていた体重を前に移すという感覚」と藤井打撃コーチ。松田は「僕はドラゴンボール世代ですからね。“かめはめ波打法”です」とニヤリだ。

 

 人気漫画「ドラゴンボール」の主人公・孫悟空がエネルギーを一気に放出する必殺技が「かめはめ波」だが、松田は新打法の動きに共通点を感じている。5日の練習中も「か・め・は・め・波~!!」と勢いよく、叫びながらタイミングを取ったほどだ。

 

 そんな“かめはめ波打法”は完成しておらず、松田は「まだまだこれから。これが春につながるかはわからない」と話すが、14日の西武との練習試合では試してみる、とのこと。もしも来季、開幕までに使えるメドが立てば本拠地・ヤフオクドームでの打席に入る際のテーマ曲も「ドラゴンボール」のアニメ主題歌「CHA―LA HEAD―CHA―LA(チャラ・ヘッチャラ)」にしたいという。幅広い世代から愛される「ドラゴンボール」ならファンの盛り上がりも必至。松田はやる気になっている。