「打撃の神様」川上哲治さん死去 戒名は「大徹院赤心哲山居士」

2013年10月30日 16時31分

 プロ野球・元巨人監督で「打撃の神様」「V9監督」として知られた川上哲治さんが28日午後4時58分、東京都稲城市内のよみうりランド慶友病院で老衰のため死去していたことが30日、分かった。93歳だった。

 故人の遺志により、すでに近親者のみによる密葬を執り行った。

 家族によると、川上さんはこの春先までは車椅子にも頼らず元気に過ごしていたが、自宅の居間で転倒し、肋骨(ろっこつ)の骨折。これを引き金に持病の心臓病が悪化し、肺に水がたまるなどの症状を呈し、以来治療に専念してきた。一時は歩行やボール投げなど、リハビリをするところまで回復した時期もあったが、その後、全身の免疫状態が低下する老衰の症状が急速に進んだ。

 戒名は「大徹院赤心哲山居士」。

 川上さんは熊本工から1938年に東京巨人軍に投手として入団し、その後、打者に転向。「赤バット」で人気を博し、人間離れした打撃術から「打撃の神様」といわれた。61年に巨人監督に就任し、65年からは9年連続日本一の偉業を達成した。巨人の背番号「16」は永久欠番となった。

 55歳で監督を退いた後は、70歳を過ぎるまで少年野球教室での子供たちへの指導に力を注ぎ、80歳まではNHKで野球解説の仕事も続けてきた。趣味のゴルフは90歳近くまでカートに乗って、パートナーに助けられながらラウンドすることができた。

 家族は「一日も、ひとときもじっとしていない、どんなことにも常に全力投球で、93年間の人生を駆け抜けていったように思います。悔いのない大往生でございました」と文書で明かした。