内海完封7勝!AM弾で巨人スッキリ

2012年06月29日 12時00分

 巨人は28日の広島戦に4―0で完勝。〝鬼門〟マツダスタジアムでの勝ち越しを決めた。投げては内海が赤ヘル打線を4安打に抑え今季初完封。打っては村田、阿部のアベックアーチが炸裂。投打の主力が本領を発揮する〝王道野球〟で強さを見せつけた。

 

 一連の騒動の影響か、スッキリした戦いができなかった巨人が、久々に会心のゲームを見せた。初回に相手失策を足掛かりに2点を先制。4回には阿部がフルカウントからの7球目を一閃。「コンパクトにバットを振りぬいた。完璧にとらえられた」と自賛した当たりは、右翼スタンド中段に飛び込む11号ソロだ。

 

 さらには6回、今度は村田が見せた。カーブを狙い打つと、打球は左翼スタンドへ。あまり感情を表に出さない村田がガッツポーズを見せる5号アーチ。ベンチに戻ると「まぐれですよ。でも久しぶり(の本塁打)だったので出ちゃいました」と照れ笑いを見せた。

 AM砲の〝競演〟に、奮投を見せたのは、先発・内海だ。カーブのような軌道を描くスライダーに「モノになってきた」と語るツーシームが冴えた。川口投手総合コーチも「立ち上がりから打者のインコースを攻めているし、良い状態の内海だと思う」と安心して見ていられる投球だった。最後まで広島打線につけ入るスキを与えず、4安打完封で7勝目をマーク。指揮官も「内海は相手を攻めていた。6連戦を戦う上でも完投は大きい」と、左腕を称えた。

 

 この日、原監督の1億円スキャンダルにDeNA・中畑監督が関係していたとされる記事を掲載した週刊誌が発売。さらにこの日は沖縄からDeNAが広島入りし、巨人とは同宿という事態。結局は何事もなかったが、両指揮官のニアミスを避けることなく広島入りするDeNAの姿勢に、現場の一部から疑問の声も上がった。だが「宿は去年の段階で決まっていた事、仕方ない」(チーム関係者)と大きな動揺はなし。浮き足立ちそうなムードに流されることなく、投打の柱がきっちり活躍を見せた。

 

 連敗していたマツダスタジアムで連勝し、東京ドームで中日との首位攻防戦へ――渦中にありながら、巨人ナインは力強く勝ちを重ねていく。