今季初先発も今井は野村監督孝行失敗

2012年06月29日 12時00分

 広島が28日の巨人戦(マツダスタジアム)に0―4の完封負けで連敗を喫した。今季初先発となった今井は阿部、村田に一発を浴びるなど6回4失点で降板。ここのところ活発だった打線も巨人・内海の前にわずか4安打と沈黙。また、前日に続きバント失敗もあるなど拙攻にも泣かされてしまった。

 

 2夜連続で巨人の一発攻勢にやられた。中継ぎとして結果を出して今季初めて先発のチャンスをつかんだ今井だったが、巨人打線に飲み込まれてしまった。初回に味方の失策絡みと不運な形で2点を失ったものの、2、3回は無失点に抑え、立ち直ったかに見えた。

 

 しかし、4回、先頭の阿部に甘く入った直球を右翼スタンド中段にまで飛ばされる特大の11号ソロを浴びると、6回には村田にも5号ソロを被弾。結局、今井は4点目を失ったこの回で降板した。試合前は「持てる力を出していく。結果は後から付いてくる」と意気込んでいた今井だが、結果を出すことはできず。前日は先発・篠田が坂本、長野に本塁打を許し勢いづいた巨人打線を、この日も止めることはできなかった。

 

 ここまで好調だった打線も巨人・内海の前にわずか4安打と沈黙。さらに〝致命傷〟となったのがバントの失敗だ。この日は3回無死二塁で今井が犠打を敢行したが、打球は内海の正面。走者の石原は三塁で封殺となり、みすみす好機を逃してしまった。1点差で敗れた前日の巨人戦もバントミスが3つ。高野手チーフコーチは「みんな練習はしているんだが…。きちんとバント決めないともったいない」とナインに喝を入れていたが、またしてもミスが出てしまった格好だ。

 

 試合後、野村監督は「昨日から4つ目のバント失敗。しっかり決めてもらいたかった。極端なシフトを敷いてきたら、打てない。そういうところもこちらから指示を出さないといけない」と唇を噛んだ。今季、マツダスタジアムではここまで4勝1敗と相性の良かった巨人戦だったが、ここにきて連敗。上位進出に向けて、今日29日から本拠地でのDeNA3連戦で挽回したいところだ。