T—岡田復帰めぐりコーチ陣と衝突

2012年06月30日 12時00分

 オリックスが26日のソフトバンク戦(ヤフードーム)を延長10回、0—0で引き分けた。この日、左太もも裏肉離れが回復したT—岡田が約1か月ぶりに一軍昇格。5番・左翼で出場し、4打数1安打ながら「まだ少し不安はありますけど、とりあえず1試合出れたのは良かった」とほっとした表情を見せた。岡田監督も「心配したのは打って(踏み出す)1歩目よ。守る方は大丈夫そうやけどな」と問題なしと判断している。

 しかし、その裏では首脳陣と復帰時期をめぐって〝衝突〟があった。二軍で最終調整中だった20日のことだ。Tが「少なくとも7月までには復帰できる」といった趣旨の発言をし、それが報じられたことにあるコーチが激怒した。

 Tを呼びつけ「復帰時期とかはおまえが言うことじゃないだろ! 簡単に口にするんじゃない」と叱責すると、Tも「僕はそんなこと言っていません」と必死に弁明したという。チーム関係者も「それは上(一軍)の監督や首脳陣が決めることであって選手が言うことではない」と見ている。

 本意でなかったとはいえ、軽率発言が誤解を招き、昇格直前にしこりを残したことは間違いない。最下位を独走中のオリックス。余計な問題でこれ以上雰囲気が重苦しくなることだけは避けたい。