功労者ノリにVIP待遇

2012年06月29日 18時00分

 ファン投票で8年ぶり8度目となる球宴出場が決定したDeNA・中村紀洋内野手(38)。朗報を耳にすると「もう出られないと思っていた。ありがたい。全打席本塁打を狙って思い切って振っていきたい」。

 25日現在で打率2割7分4厘、6本塁打、28打点。打撃3部門はすべてリーグ10傑に入っており、得点圏打率も3割7分5厘で長野(巨人)に次ぎ2位に君臨している。

 今季20年目を迎えた大ベテランの勝負強さは健在で、中畑監督も「前半戦の功労者はノリ」と大絶賛。一方、その指揮官は中村について「稼ぎが少ないのにあれだけ頑張ってくれる」と、事あるごとに口にしている。

 中村の今季年俸は1500万円。近鉄時代に稼いでいた自己最高年俸の5億円(プラス出来高払い)と比較すれば、約33分の1だ。これをふびんに感じた中畑監督は中村を〝VIP待遇〟し、来季年俸の大幅増に一役買う決意を固めた。

 その代表例が中村の「特別休養プラン」。

 膝や腰に爆弾を抱え、夏場に疲労のピークを迎える中村の体調を考慮。今後は中村を時々休養させ、その代役一塁手として29日からチームに合流する元楽天・ルイーズをあてがう方針だ。中畑監督は「ノリが疲れてきたら休ませてルイーズを出す。アイツ(中村)はケガをしても自分から休むとは言わないから」。

 今シーズン最後まで故障なくプレーしてもらいたい。そしてこのまま活躍し続け、ばら色のオフを迎えてほしい——。すべては中畑監督の親心だ。そして指揮官の思いは「監督にあれだけ言われると無視できない」(球団関係者)とフロントにも確実に届いている。中村は中畑監督に足を向けて寝ることはできないだろう。 =金額は推定=