西武・石井貴コーチ退団が涌井FAに影響も

2013年10月19日 16時00分

石井貴投手コーチ

 新生西武の組閣人事が新監督発表前に混迷している。

 

 渡辺監督の辞任後、光山作戦兼バッテリーコーチと安部打撃コーチ、橋本二軍投手コーチが退任。球団は新監督招聘とともに、チーフ格の杉本投手コーチの二軍への配置転換など組閣作業を急いでいるが、18日になって生え抜きの石井貴投手コーチ(42)が退団を申し出て球団がこれを了承する想定外の人事が発覚したのだ。

 

 若手投手陣から信頼が厚く、将来の監督候補と目されていた石井コーチ。球団は23日からの秋季練習に合わせて組閣の練り直しを迫られることになるが、今オフのFA動向が注目されている涌井も慕う同コーチの電撃退団が与えるチームへの影響が心配されている。