交流戦Vかすむ巨人へろへろ負け

2012年06月27日 12時00分

 巨人がどうにも波に乗れない。26日の広島戦(マツダ)は先発のホールトンが大誤算。初回にいきなり先制2ランを浴びるなど、赤ヘル打線を勢いづかせ、5回途中で途中降板。打線は再三チャンスを作りながらも。これで原監督のスキャンダル問題勃発後は1勝2敗1分け。セ界初の交流戦Vという快挙もすっかりかすんでしまった。

 やはりセとパは違うのか。交代を告げられたホールトンは、とぼとぼとマウンドを降りると力なくベンチに腰掛けた。6月、3戦に登板して防御率0・90の好調さはそこにはなかった。

 初回、先頭の天谷にいきなり四球。何とか二死二塁までこぎつけたが、4番の岩本に内角高め134キロの直球を振りぬかれた。弾丸ライナーで飛び込む2ランで先制を許す(写真)と、同点に追い付いた4回には、若手のホープ堂林に外角高めの直球を右翼席スタンドへ叩き込まれた。迷いのないフルスイングとはいえ、逆方向への被弾は、この日のホールトンの直球に力とキレがない事を裏付けた。結局、5回裏先頭の天谷に安打を許したところで原監督も我慢の限界に達した。

 打線も尻上がりに調子を上げてきた先発・大竹を攻めきれず、8回は今村、9回はミコライオに抑えられた。原監督のスキャンダルが公になって以降、原監督だけでなく、チームとしても気持ちいい勝利を収めていないのが現状だ。