バリントン背信の5失点

2012年06月25日 12時00分

 広島は24日の中日戦(金沢)に4—5と競り負けて、連勝は2で止まった。先発のバリントンが序盤までに4失点するなど6回を7安打5失点の大乱調で、これが最後まで響いた。

 バリントンがまたも背信投球だ。2四球と制球こそ大きく乱れることはなかったが、勝負どころで痛打をされまくった。
 初回は一死から大島に二塁打を許すと、ブランコからど真ん中に入った直球を完璧に捉えられ、左翼の場外へ消える先制15号2ランを被弾。2回は平田にも高めに浮いた甘いスライダーをバックスクリーンに叩き込まれた。

 悪い流れが野手の守備にも伝染したのか、3回は荒木の三塁ゴロを堂林が失策を犯して出塁されると、ブランコから中堅フェンス直撃の適時二塁打。これで序盤だけで計4失点だ。さらに味方打線が4回に一旦は同点に追い付いたが、5回に一死一塁から和田に勝ち越しに二塁打を浴びるなどこの日も精彩を欠いた。

 昨季は不調のエース・前田健に代わってチームを支えて13勝をマークしたが、これで今季は早くもリーグワーストの8敗目。

「フラストレーションがたまることが続いている。ボールはいっているが、ここというところで打たれてしまって流れに乗っていけてない。チームに申し訳ない」とうなだれるしかなかった。