巨人が恐れる次の爆弾

2012年06月27日 18時00分

 巨人・原辰徳監督(53)の〝1億円スキャンダル〟の衝撃さめやらぬ中、巨人フロントが第2、第3のスキャンダル発覚に、早くも戦々恐々としている。

 球団が前球団代表兼任GM・清武英利氏(61)を〝リーク犯〟と断定した根拠の一つとして挙げたのが、原監督が1億円を支払った事実が明らかになった2009年4月以降、フロントが一連の経緯、推移を詳細に記録した「機密資料」の消失だった。

 桃井球団社長によると、その資料を保持していたのは桃井社長のほか、当時球団副代表だった原沢球団代表と当時の法務担当者、そして清武氏の4人のみ。清武氏が保持していた資料だけが紛失しているとした上で「原監督が女性問題で1億円を脅し取られたという外形的な事実は、このときの記録をベースにしているのは間違いない」と断定した。

 そこでフロントが懸念するのが「ほかにも〝ヤバイ〟内容の資料を、清武氏がコピーして持ち帰ったのではという点なんです。清武氏が選手の女性トラブルなどの処分を検討する役割にあった以上、資料を持ち帰ることも自由にできたわけですからね」(球界関係者)。

 契約金超過問題を機に、球団が3月に設置した調査委員会の報告では「資料の管理体制の不備」が指摘され「球団の管理が甘かった」(桃井社長)と認めている。それだけに、今度は選手のスキャンダルの流出が心配されているわけだ。

 ちなみに20日に原監督が出した「清武さんへ」の声明文には「今回は、私のことで良かったと思っています」とつづられている。これも解釈によっては「心当たりのある選手のスキャンダルが公開されずによかった」とも受け取れる。果たして、次なる「爆弾」は誰に落とされるのか――。