キヨシ〝ブランドン背信投〟に嘆き

2012年06月24日 12時00分

 23日の阪神戦、DeNAは初回の攻撃では中村が虎のエース・能見から先制の6号ソロを放ち、チームは幸先のいいスタートを切ったはずだった。ところがその裏、先発のブランドンがせっかくのいい流れをぶち壊してしまった。先頭のマートンにいきなり右前に運ばれると、平野への四球でピンチを広げ、二死一、二塁から金本に4号逆転3ランを被弾。2回も藤井彰の四球、マートンの二塁打などで二死一、二塁のピンチを招き、平野に2点打された。


 どちらも四球絡みでの失点。金本に浴びた一発もコースを狙った変化球が甘く入ったところを打たれた。課題の制球難をさらけ出し、来日最短の2回で降板。阪神戦は来日から3連敗となった助っ人左腕は「腕がしっかりと触れず、制球が定まらなかった。自分に対して怒っている」。中畑監督は「2回で5失点は重い」とブランドンの背信投を嘆いた。


 いまのDeNAの力では、序盤で相手に傾いた流れを取り戻すのは難しい。3回には2番手の小杉が金本の右前打のあとブラゼルに7号2ラン。序盤で6点差をつけられた。これでは勝てるわけがない。


 打線は6回に中村の適時二塁打と筒香の犠飛で2点を反撃するのがやっと。投打ともに振るわず、虎に完敗。今日日は通算150勝にあと1勝としている三浦が登板するだけに、絶対に負けられない。ベテランエースの節目の勝利で、カード勝ち越しを決めたい。