ヤング赤ヘルの活躍に指揮官にんまり

2012年06月24日 12時00分

 ヤング赤ヘル打線の勢いが止まらない。広島は23日、中日戦(富山)に3―1で勝ち、リーグ戦再開後の初戦を白星で飾った。


 栗原、東出、ニックら主力の故障者が続出しながら天谷、岩本、堂林ら若手が奮起し、チームを力強くけん引。3回に先頭の天谷が左中間を破る二塁打。これを足がかりに一死二、三塁の好機をつくると、岩本がすかさず先制の適時打を放った。

 4回には堂林が一死から3試合連続本塁打となる6号ソロ。「打った瞬間、行ったと思うくらい良い手応えだった。いい感じが続いている」。この日、スタンドでは中京大中京高時代の恩師である大藤前監督が見守っていた。「昨日、久しぶりに恩師に会って富山で一緒に食事をしたんです。今日はいいところを見せたかったので良かった」とはにかんだ。さらに天谷が13試合連続安打となる猛打賞を放ち、絶好調をキープ。4回は堂林の本塁打の後、一死二塁の場面で右前へ適時打も放ち、3点目を追加した。


 先発の前田健は3四球6安打と不安定ながら、7回を1失点できっちりと勝ち星を拾った。「結果的には良かったが、内容は最悪だった」とこぼした前田健は「やっぱり(中盤までに)3点あると心の余裕ができるし、だいぶ違う」と打線に感謝した。


 野村監督は「(天谷、岩本、堂林ら)調子の良かった選手がいい感じで打ってくれた。最初の試合をいい形で取れたのは良かった」と、若ゴイたちの活躍に目を細めた。野村・広島が再開したリーグ戦を幸先良く白星発進。このまま上昇気流に乗って、上位進出を成し遂げる。