ソフトバンク マーチン効果で3連勝

2012年06月24日 12時00分

 ソフトバンクは23日、日本ハム戦(ヤフードーム)に7―6で逆転勝ちし、3連勝を飾った。

 

 序盤で最大5点差をつけられたが、中盤以降は押せ押せムード。5、6回に加点し、3点差に詰め寄って迎えた8回。不安定な相手4番手・増井を攻め、一死一、二塁から高谷の右翼適時二塁打、明石の一塁への適時内野安打で同点。なおも二死一塁から本多が右翼への逆転の二塁打。電光石火の3連打で一気に勝ち越した。

 この劇的な展開には、〝主役〟となった本多も「スゴいですね」とびっくり。「振って当たらなかったらしゃあないくらいの気持ちだった」と笑った。秋山監督は「(打線が)つながったね。いいんじゃない。なかなかこういう展開はないね」と目を細める。交流戦最終戦の白星も含め3連勝、対日本ハム戦では破竹の6連勝となった。試合前に歌手・鈴木雅之が熱唱。鈴木と親交のある鳥越内野守備走塁コーチは「鈴木雅之が来るとやっぱり違う。ドラマが生まれるな!」と大声を張り上げた。


 上位追撃へ、チーム内のムードはどんどん高まっている。今日24日には腰椎の椎間板ヘルニアで離脱していた主将・小久保がついに一軍復帰。秋山監督も「予定通り」とGOサインを出した。小久保は通算2000本安打を達成すべく、日に二軍戦で調整。そのままヤフードームへ荷物を運んだ。ナインは異口同音に「偉業達成のゲームは勝利で花を添えたい」と意気込んだ。