落合監督復帰報道に中日ピリピリ“勘弁して!”

2013年10月01日 16時00分

白井オーナーは誰を新指揮官に指名するのか
白井オーナーは誰を新指揮官に指名するのか

 中日次期監督候補に前監督の落合博満氏(59=評論家)が浮上との仰天情報に、チーム内が揺れている。そこに歓迎ムードは少ない。「それだけは勘弁してほしい」「前政権に戻すなんておかしい」…。予想以上に反対コールが噴出しているのだ。

 落合氏の再登板について、白井オーナーは「せっかく皆さんが、理由があって書いてることですから、否定も肯定もしません。落合氏は候補の一人か? 全員、可能性はあるわけだから皆さん、いろいろ言ってくる。落合氏の手腕? 力を持っている人だと思うよ」と不敵な笑みを浮かべながら報道陣に対応した。

 現段階で周囲の見方は「あるわけがない!」との声が圧倒的だが、この世界はいつ、どうなるか分からない。落合氏は監督在任8年間で球団初の連覇を含む4度のリーグ制覇を成し遂げた辣腕。チーム内には「勝つということに選手を意識的に追い込ませるので、また常勝軍団に戻せる」との期待の声も出ているが、それをはるかに上回るのが落合カムバックへの反対コールだ。

「また選手の故障情報などに、かん口令を敷く体制に戻って、その報道が出たりすると『どこから漏れたんだ!』って疑われたり、嫌な思いをする。落合体制だけはもう勘弁してほしい」とはチーム関係者。ある若手選手は「僕は落合監督の時に一度も一軍へ呼んでもらえなかったし、個人的に微妙」と言い、ある中堅選手も「選手起用が平等という見方もあったようだけど、実際は選手によって好き嫌いがかなりあったと思う」と嫌悪感でいっぱい。「ベンチでは無表情で何を考えているか分からないから嫌」との意見もある。

 さらに「最初から高木監督の任期は2年で、次期監督へのつなぎとなっていたのに、落合政権に戻すなら、この2年間は何だったのかという話になる」と怒りの声が飛び交えば、「球団が山本昌と来季契約を結んでも、落合監督になったら『俺は、マサは戦力として考えてない』とか言って、来季プロ野球最年長登板記録がかかっているのに、一軍で起用しない可能性もあるのではないか。そうなったら球団にファンから抗議電話がジャンジャンくるよね」と、今から勝手にマイナス的なことを想像して心配する関係者もいるほどだ。

 混迷の中日監督問題と並行して、チーム内は緊迫した空気に包まれている。