“赤ヘルの天才”前田智引退 背番号「1」は球団預かりに

2013年09月28日 11時01分

引退会見で感極まった顔を見せる前田智

 広島一筋で通算2119安打を放っている前田智徳外野手(42)が27日、24年目の今季限りでの現役引退を表明した。1990年に熊本工高(熊本)からドラフト4位でプロ入りし、高卒2年目ならが91年のリーグ優勝に貢献。その後は右アキレス腱断裂などの大けがを経験しながらも、07年には通算2000安打を達成。あのミスタープロ野球・長嶋茂雄氏(77=巨人軍終身名誉監督)やイチロー(39=ヤンキース)も認めた“赤ヘルの天才”は、16年ぶりのAクラスと初のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた若ゴイたちにチームの将来を託し、波瀾万丈の野球人生にピリオドを打つ。

 

 91年のV、アキレス腱断裂の大けが、そして通算2000安打――。長きにわたる野球人生にピリオドを決断した前田智。「引き際はとっくに過ぎてきた。言葉は悪いが、やっと終わったかという感じ。重圧から解放されてほっとしている」と今の心境を正直に語った。

 

 なぜ今、引退を決断したのか。それについてベテランは「骨折した左手が思うように回復しなかった。バットを振り始めてやってきたが、いい感覚というか自分のものではない感覚しか出てこなかった」と説明した。

 

 4月23日のヤクルト戦(神宮)で左手に投球を受けて「左尺骨骨折」と診断された。1シーズンごとが勝負のベテランにとっては本当に痛いケガだった。登録を抹消された翌日から不屈の闘志でリハビリに取り組んだが「うまくいきませんでした」。本来の打撃感覚を最後まで取り戻せなかったことが、引退を決める最大の要因となった。

 

 16年ぶりのAクラスと初のCS進出の原動力になった若い力の躍進も、揺れる心を引退へと後押しした。丸や菊池など若ゴイの成長を見て、ああ、これで安心して自分は身を引くことができると考えた。

 

「今年はAクラス入りに向けてみんながんばってくれた。長い低迷した期間にピリオドを打てたが、そのなかに自分がいなかったのが残念」