〝あと1本〟許さずマー君完投4勝

2012年06月23日 12時00分

 楽天の田中将大投手が22日のロッテ戦(郡山)に先発。2被弾を含む10安打を許しながらも2失点完投で今季4勝目(2敗)をマーク。1点差の9回をこの日初めての3者凡退で締めくくったマー君はうっすらと笑みを浮かべながら、ナインとハイタッチを交わした。

 今回も苦しかった。前回登板のヤクルト戦(Kスタ宮城)では3失点(自責点2)ながら、自己ワーストの13安打。その結果、8回123球と球数がかさみ完投できなかった。リリーフ陣が逆転を許したため白星も消え去った。

 そんな悪い流れを引きずるようにこの日も初回に根元、6回にはサブローに打たれた。いずれもフォローの風が吹く左翼席への一発。本塁打にはならないような当たりが入ってしまった。マウンド上のエースは首をかしげるしかなかった。
 それでも沢村賞投手の意地で〝あと1本〟は許さなかった。

「去年より上を目指して」(田中)とキャンプから取り組んできたフォーム改造。完成しないまま、開幕を迎え今も悩み続けている。今回は足の上げ方、右腕のテイクバックなどを〝マイナーチェンジ〟。その甲斐もあってか、余分な力が抜けた自然体のフォームを取り戻しつつある。昨季ほどの圧倒的な投球は見られないものの、間違いなく復調の兆しはある。