長野「指導者なんて絶対できない」

2013年09月27日 16時00分

【巨人・長野久義外野手 単独インタビュー(後編)】前回に引き続き、巨人・長野久義外野手(28)の独占インタビュー第2弾。今回はプライベートの話題を中心に“素顔の長野”を存分にさらけだしてくれた。数々飛び出した注目発言の中身は…。

 ――来年は節目の30歳。そろそろ「温かい手料理を食べたいなあ」とは思いませんか

 長野:思いますよ。

 ――おおっ!?

 長野:外での話ですよね。外食だって誰かの“手料理”でしょう。

 ――いやいやいや…。そっちじゃなくて「家の中で」ですよ

 長野:僕って“生活感ないイメージ”で売っているんで(笑い)。だから、そのあたりは「ノーコメント」。へへへ、かわしますよ~。

 ――現在付き合っている人はいないんですか

 長野:…。

 ――こちらもへこたれずに直球勝負でいきます。では何歳で結婚したいと考えているんですか

 長野:実はもう結婚しているかもしれませんよ、フフフ…。

 ――エエッ!?

 長野:ないでしょ。(冷静な表情で)。結婚するときは東スポさんにちゃんとお伝えしますよ。

 ――よろしくお願いします。でも野球選手は結婚が早い。「そろそろ僕もしないとな」と焦りを感じることは

 長野:僕の今の感じを見てもらったら。(余裕の笑みを浮かべて)どう見えますか?

 ――まだ少し時間がかかりそうですね。ではどんな人とだったら結婚したいというのは

 長野:なんて言ったらいいかな…(真面目な表情で沈黙)。まずは相手のことを考えられる人。それと家事がきちんとできる人。お互いに尊敬し合える関係がいいですね。