巨人オーナーも「王コミッショナー」推薦断念

2013年09月25日 16時00分

 プロ野球の次期コミッショナー問題で24日、巨人の白石興二郎オーナー(67)が「球団としては意中の人に王さんを中心に考えたいと思ったけど王さんの事情で難しそう」と話し、ソフトバンク・王貞治球団会長(73)を推薦することに消極的な見解を示した。

 

 同オーナーによれば「全球団が納得いかないと。(19日の)オーナー会議前の昼の時間に(セ球団で)王さんが引き受けてくれればいいなという話をしたけど簡単に引き受けられる事情じゃない。王さんで収斂(しゅうれん)するのは難しいかなという感触です」。

 

 この日、ヤフオクドームで白石オーナーの発言を伝え聞いた王会長は「こちらから、どうのこうのという話じゃないしね」と語った。