楽天の新戦力は上原の雑草魂継承者

2013年09月24日 16時00分

 初Vへラストスパート中のチームに頼もしい新戦力が結果を残した。楽天は23日の日本ハム戦(札幌ドーム)に5―0で快勝し、4連勝。2位のロッテが敗れ、優勝マジックは「3」となった。勝利の立役者はプロ初先発で7回1安打無失点の好投を見せ、2勝目を挙げた育成出身ルーキーの宮川将投手(22)だ。

「(前夜は)緊張して一睡もできなかった」という宮川だが、試合に入ると6回一死まで無安打に抑える好投。試合後は「ガムシャラに投げられたのが、良かったです」とホッとした表情を見せた。

 ルーキーのうれしい誤算に星野監督も「びっくりしたな。低めにビシビシ決まって、将大(田中)が投げているかと思ったわ」と高く評価。この日は主力を休ませる意味もあって先発に抜てきされたが、今後は本来の中継ぎに戻る予定。いずれにしろ、チームには明るい話題となった。

 昨年のドラフトで育成1位で指名されると入団後は二軍で頭角を現し、今年6月に支配下登録された。大体大出身で、レッドソックス・上原の後輩にあたる。偉大な先輩はレ軍で守護神を務め、ア・リーグMVP候補にもなっているだけに「刺激になります」という。

 そのルーキーは上原が格言としている“雑草魂”の継承者。球団関係者によれば「宮川は育成出身ということもあって、一軍でプレーするようになった今も生活は質素。ファッションにも高いお金はかけないらしく、若い選手が買いたがるようなブランドバッグも持っていない。倹約家なんですよ。ただし野球の面では貪欲で、よく先輩に調整法を食い入るように聞いています」。

 一方で「おっとりした和み系で、よく先輩投手からいじられている」(別の関係者)というから、天然キャラとしてチーム内の人気者でもある。

 新ヒーローが日替わりで現れるチームのムードは最高潮。早ければ25日にも初Vが決まる。

関連タグ: