虎意地見せ引き分けもCSに向け大きな不安

2013年09月22日 11時01分

何とか3アウトをとりベンチに戻る藤浪

 阪神・藤浪が21日、ヤクルト戦(甲子園)に先発したが、4回6安打6失点でKOされ、今後に向けて大きな不安を残した。

 

 この日は初回に2つの四球を与えるなど、立ち上がりから制球に苦しんだ。味方打線は初回に2点を先制したが、直後の2回、一死から森岡に二塁打されると、続く山田の内野ゴロの間に1点を返された。そして4回、さらなる悲劇が待っていた。

 

 まず先頭のユウイチの当たりを西岡が失策。相川には安打され無死一、三塁から森岡に同点適時打。なおも無死満塁とし、木谷へは押し出し四球。上田の適時打でさらに2点。最後は川端の内野ゴロの間にこの回5点目を奪われた。結局この回を投げ終えたところで、降板を命じられた。

 

 肩を落としてベンチに戻ったトラの黄金ルーキー。今季最悪といっていい結果に「悪いなりの投球ができませんでした。今日はそれに尽きると思います」と肩を落とした。

 

 藤浪炎上で勝負あったかに見えた。だが負ければ巨人の優勝が決まるとあって、大量得点差にも打線は勝負をあきらめなかった。5、6回にそれぞれ2点をゲットして追い上げると、さらに8回には失策で藤浪が乱れるきっかけを作ってしまった西岡が二死一塁のチャンスに右中間を破る適時二塁打を放って同点とし、大阪桐蔭のかわいい後輩の黒星を消してみせた。

 

 結局試合は延長12回、7―7の引き分け。負けなかったとはいえ、この日の藤浪の投球はCSへの大きな不安材料だ。