腰痛から復帰 小久保「超回復」

2012年06月22日 12時00分

 2000本安打まで残り1本としながらも椎間板ヘルニアで登録を抹消されているソフトバンク・小久保が22日に二軍戦で実戦復帰する。最短で?日の日本ハム戦にも復帰予定だが、状態について「開幕の時よりいい」と〝超回復〟を宣言。大記録達成はもちろん、チームの命運を握る球宴までの残り?試合で攻守にわたって活躍を見せるつもりだ。

 

 22日の二軍戦(雁の巣)で実戦復帰予定の小久保がヤフードームで行われた全体練習に参加。フリー打撃で快音を響かせた。

 

 前日に引き続き、椎間板ヘルニアの影響を感じさせない力強いスイングで周囲を一安心させた。見守った王会長も「だいぶ振れてるね。あと1本なわけだし、それがいつになるかというだけだからね」とニッコリだ。

 

 小久保自身も〝超回復〟宣言だ。「症状は日に日によくなっている。今週に入って劇的によくなった。ヘルニアはほとんどなくなっていると思う。開幕の時の変な痛みもなくなった。(状態は)開幕の時よりいいです」ときっぱり。「開幕の時に(ヘルニアが)ちょっと出てて、それが?日(激しい痛みが出た5月22日の広島戦)に一気に出たんだと思う。(治癒したことで)それが吸収されたんじゃないか」と分析した。

 

 腰痛があまりにも深刻だったため、当初は一軍に復帰して2000安打達成後に再度欠場することも想定されていた。だが、小久保は攻守にわたる継続的な出場についても「もちろん、そのつもり」。現在3位とはいえ首位・ロッテに8ゲーム差をつけられているソフトバンクとしては、オールスターまでの残り24試合がリーグ3連覇を賭けた勝負どころとなる。キャプテンの全快宣言は頼もしい限りだ。

 

 最短の復帰は24日。22日から始まる日本ハムとのカードの3戦目になる。「初戦から入れなかったけど、まずは借金をなくすことやな」(小久保)。2000安打の金字塔達成はもちろん、チームの逆転Vのためにもフル回転するつもりだ。