クラーク弾の不敗神話止まる

2013年09月17日 11時00分

4回、25号ソロを放つクラーク

<DeNA3ー2中日(16日)>中日のクライマックスシリーズ(CS)出場がいよいよ厳しくなってきた。16日のDeNA戦(ナゴヤドーム)に2ー3で逆転負け。自力でのCS進出の可能性が消滅した。

「消えるならしゃあない。うちはずっと1つも負けられないということでやってきた。勝って行けば(自力進出の復活の)可能性もあるんでしょ。他力やけど」。試合後の高木監督は何とか前を向こうとしたがその言葉には元気がなかった。ここまで4戦3敗の天敵・三浦から大島、クラークの本塁打で幸先良く先制。投げては今季初登板の雄太が4回まで無失点と予想以上の好投を見せた。

 しかしそんな最高のムードも7回に暗転する。3番手の田島が二塁打と死球で無死一、二塁のピンチを招く。ここでベンチは浅尾を突っ込む、が止めることはできず。連打を浴び逆転を許してしまった。

 クラークが本塁打を打てば17試合連続で負けなしの“不敗神話”も崩壊。

「打たなきゃいけない人が打たないと勝てんですよ。それに尽きる」。今季、何度も口にしたフレーズを残し指揮官は会見場を後にした。