広島が巨人を3タテ 今季初の6連勝 

2013年09月17日 11時00分

8回、右前にタイムリーを放つキラ

 赤ヘルが誇るキラ&エルドレッドの助っ人コンビが、またもチームを勝利へと導いた。1―1の8回一死二塁。まずはキラが大きな仕事をしてみせた。相手3番手の山口からしぶとく右前に打ち返す。これを右翼・長野のまずい守りもあり、これで勝ち越しに成功。キラは猛ダッシュで三塁を陥れた。

 助っ人相棒の一打に、エルドレッドも負けじと左前へ適時打。この2人が打てば、勢いづくのが今の赤ヘル打線だ。小窪にも適時打が飛び出すと、なおも二死満塁で上本が押し出し四球を選び、この回一挙4得点で試合の流れを奪い取った。

 チームに勝ち越し点をもたらしたキラは「とにかく、ヒットを打つつもりだった。チームに勝ちがついてよかった」。一方、エルドレッドは「キラが前で打って三塁までいってくれたので、どうにか返したかった。いいピッチャーから得点できたのは次につながると思う」と山口を攻略できたことを喜んだ。

 3番キラ、4番エルドレッドが固定され、ここ5試合はこの試合も含め全勝と、2人が好調の原動力となっている。「今日は2人とも打ってくれたが、必ずどちらかが打ってくれている」(球団関係者)。野村監督も“キラドレッド”の活躍を「外国人2人がここぞという場面で打ってくれた」と絶賛した。

 

 先発の中村恭は初回から制球が乱れっ放し。4回、先頭の村田にこの日5つめの四球を与えたところで、無失点ながら降板を命じられてしまった。野村監督は2番手・今村から今井―横山とつないだ。9回はミコライオを投入。守りの乱れもあり、1点差まで追い上げられたが、何とか逃げ切った。

 

 最後はひやひやの勝利となり、野村監督は「勝ってかぶとの緒を締めるではないが、野球の神様がいい教訓にしなさいと言ってくれたんでしょう」と苦笑い。それでも、勝ちは勝ちだ。これでCSクリンチナンバー「10」。赤ヘルの“実りの秋”がいよいよ近づいてきた。