今季絶望のニック「残留熱望」

2012年06月21日 18時00分

 左ひざを負傷し今季中の復帰は絶望となった広島・ニックが来季の残留を熱望した。

 手負いの助っ人は20日、マツダスタジアムを訪れ、全体練習のため球場に来ていた野村監督と会談。チームへの熱い思いを伝えた。

「広島でプレーしてこのチームやファン、街は素晴らしかった。家族もこちらでの生活が始まったばかりだったが、気に入っていた。できるならば来年の広島でプレーしたいという気持ちを伝えた」

 今季は離脱した栗原に代わって4番を務め、ここまでチームトップの24打点を挙げるなど打線の軸として活躍してきた。さあ、これからという時に思わぬ故障が発生した。

「まだまだこのチームでやれることはあった。それができずに終わるのは悔しい」。ニックは〝不完全燃焼〟のまま広島を去りたくないという思いを募らせている。

 球団側はニックの全力疾走や対戦相手の分析などにも手を抜かない姿勢を高く評価している。来季は栗原が戻ってくるため「外野を守れること」という条件付きだが「米国で手術を受けたあとの回復の状況に応じて、でき得ることをやりたい」と来季の再契約に前向きだ。

 野村監督は「残念な結果になったが本人は前向きだった。早く治してほしい。あとはチームがニックが活躍してくれていた分をカバーしていい形で上がっていければ」。