ソフト中村 流れを変えた逆転打

2013年09月15日 11時00分

中村の一打が流れを変えた

 ソフトバンクは14日、日本ハム戦(ヤフオク)に2ー1で逆転勝ちした。

 この勝利の立役者は、売り出し中の6年目・中村だ。1点を追う5回一死二、三塁のチャンスに吉川のスライダーを2点適時二塁打し、流れを奪い返した。

 凡退した第1、2打席は「スライダーでやられた。見逃し方が悪かった」という。好機で迎えた第3打席では「それ(スライダー)でくるだろう」と相手の配球を読み、狙い球をきっちり捉えた。中村は「(相手は)素晴らしい投手なので1点勝負になると思った。打てて良かった」と笑顔を浮かべた。

 入団6年目にして初めて規定打席に到達。現段階での打率は3割を超えており、出塁率も4割以上をマーク。今や鷹打線にはなくてはならない存在となっている。