藤浪の内角攻めは“すっぽ抜け”か“意図的”か

2013年09月07日 16時00分

初めて月間MVPに選ばれグラティポーズをする藤浪

 阪神・藤浪晋太郎投手(19)が6日、8月度の月間MVPに選出された。セ・リーグで高卒新人投手が受賞するのは1987年8月の近藤真一(中日)以来26年ぶり、阪神では球団史上初の快挙だ。そんなスーパールーキーに対してライバル球団の野手陣が投球に関する疑惑を指摘。怒りの声も噴出している。

 

 8月の登板5試合で4勝0敗、防御率1・09と抜群の安定感を発揮したことが評価されての受賞に藤浪は「素直にうれしい。この光栄な賞に恥じないように今後もしっかり頑張りたい」と気持ちを引き締めていた。昨年の8月には大阪桐蔭のエースとして甲子園春夏連覇を達成しているだけに「暖かいと体も動くし、夏は好きです。去年までは夏に体調をベストに持ってきていた。そういうサイクルが染み付いているかなと思います」と好調の要因を自己分析した。

 

 1年目から順調に白星を積み重ねている19歳右腕だが、これまでに対戦したセ・リーグの打者の間では「あれは意図的でしょ!!」と藤浪の投球を問題視する声が噴出している。標的にされているのが右打者の胸元をシュート回転しながら襲う内角球だ。

 

 右打者にとっては150キロ前後の剛速球が自分に向かってくる感覚になるため、このボールの存在のおかげで右打者が思い切って踏み込めないという効果を生んでいる。主力級の右打者も「あれは厄介ですよ」と頭を抱える球種だ。ただ、このボールは藤浪が意図的に投げているのではなく、すっぽ抜けの制球ミスと認識されている。藤浪の課題の一つして指摘されることも多い。

 

 しかし、実際に打席に立った打者は猛然と反論する。中堅クラスの右打者は「藤浪はコントロールがいい。大事な場面ではコーナーに決めるからね。それなのに、こっちが踏み込み始めると打者に向かう球が出てくるんだよ。オレは絶対、意図的だと思う。高卒1年目にしてはしたたかだと思うよ」と断言する。

 

 制球力が課題で右打者の内角にすっぽ抜ける癖があるにもかかわらず、6日現在の与死球はたった1つ。この数字も他球団選手が“疑惑”の目を向けられる要因になっているという。

 

 制球力アップに取り組んでいる藤浪にとっては身に覚えのない“濡れ衣”かもしれない。とはいえ、実績も経験もある先輩選手がこうした怒りをぶちまけるということは、藤浪を難敵と認めているからだろう。やはり“超大物”であることは間違いないようだ。