まさかのKO山本昌 無言でバツ印

2013年09月07日 11時00分

不本意な投球に終わった山本昌

<中日4-6ヤクルト(6日)>中日・山本昌がまさかの背信投球だ。6日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)に中8日で満を持して先発したが、2回3分の1を8安打4失点KOされた。

 立ち上がりから生命線の制球が定まらない。初回こそ無失点で切り抜けたが、1四球と2安打で満塁のピンチを招いた。1点リードの2回にはまたも1四球と2安打で満塁とされ、川端から中前適時打を浴びて同点。3回もまったく立ち直る気配がなく、一死三塁でユウイチに中前へ勝ち越し打、中村から連続安打されたところで降板を命じられた。

 結局、試合も4ー6で競り負け。CS切符争いが佳境になる中、大事な一戦を任されながら不本意な投球をしてしまった大ベテランは球団広報からコメントを求められると、申し訳なさそうに無言のまま両手でバツ印を作って肩を落とすしかなかった。