日本ハム・大谷 マーより「打者に集中」

2013年09月06日 11時00分

 日本ハム・大谷が今日6日の楽天戦でイヌワシ軍団のエース・田中と対戦する。初の投げ合いに向けて「なかなか点を取ってもらえないかもしれないが、やることは今までと同じ。実際に対戦するのは打者。一人ひとり抑えられるように頑張りたい」と意気込んだ。

 

 開幕から19連勝中の田中に対し、大谷はここまで3勝ながら、先発した7試合でチームは一つも負けていない(6勝1分け)。栗山監督は「誰が一番、マー君に勝てるかを考えた」上で、今回の起用を決断したという。また将来のエースとして成長を促す意味でも「どうしてもそこ(6日の楽天戦)に行かせたかった」と話した。

 

 この日は予定通りにブルペン入りし30球を投げた大谷。「投げ合ったからこそ分かることもあると思うが、それより打者に集中したい。クリーンアップは打率もあって足も絡めてくるので、まずは先頭打者を出さないように」と静かに闘志を燃やした。