中田翔〝覚醒〟の連続アーチ

2012年06月19日 12時00分

 日本ハム・中田翔が18日のDeNA戦(横浜スタジアム)で2打席連続本塁打を放ち、実力を猛アピールした。

 1本目は3回。金子誠の犠飛で1点を先制し、なおも二死二、三塁のチャンスに飛び出した。相手先発・須田の甘く入った球を左翼方向に打ち返した。打球はフェンス直前で急失速しそうに見えたが、ギリギリでスタンドイン。チームを勢いづける7号3ランとなり「相手左翼手が捕球しそうな追いかたをしていたので、ダメかと思いましたが、入ってよかった」と胸をなでおろした。

 6回に飛び出した2本目は文句なしの一発だ。この回からDeNAは須田に代えて2番手で牛田を投入。そのかわりばなを捉えた。

「しっかりと叩くことができた」という手応え十分の当たりは左翼席最上段に飛び込む大きな8号ソロ。「自分が打てたこともうれしいし、試合中盤に追加点を奪ってチームに貢献できたのも良かったです」。若き大砲は胸を張った。

 中田は9回二死一、三塁のチャンスにも適時内野安打し、この日は5打数3安打5打点をマーク。まもなく再開するリーグ戦ではロッテとのし烈な首位争いが待っている。これに勝ち抜くには、若き主砲の活躍が欠かせない。交流戦最後の試合での爆発を、上昇のきっかけにしたいところだ。

 

中田劇弾生んだ原監督の助言

絶不調中田「それでも4番の理由」

打てなくても使い続ける「育成中の4番」中田翔