鷹・柳田が宣戦布告「マー君よりオレの方が“モノノフ”だ」

2013年09月04日 16時00分

ソフトバンクの新4番打者として売り出し中の柳田

 ソフトバンクの新4番打者として売り出し中の大砲・柳田悠岐外野手(24)が“ももクロLOVE”で同い年の楽天・田中へのライバル意識をむき出しにしている。

 

 人気アイドルグループ・ももいろクローバーZ(ももクロ)の大ファンの柳田は「マジ、はまっとるっす。DVDとかバリ(たくさん)買って見てます」。試合前にもライブ映像を見て英気を養うなど同グループに熱い情熱を傾けているが、残念ながら、今のところ、ももクロが鷹の本拠地・ヤフオクドームに登場する予定はない。そんな愛しのももクロが、同じくモノノフの田中が所属する楽天の本拠地・Kスタ宮城で3日に始球式を行い、柳田はピクピクとなった。

 

 柳田からすれば、ももクロへの知識や愛情に関しては「(田中にも)負けてないと思います。自分の方が完璧に(振り付けのダンスを)踊るっす」との自負がある。それだけに「野球がうまければ何でも許されるのかって話ですよ。バリうらやましいっすよ」。同時に打倒マー君の思いが強まっているのだ。

 

「実は10月14日に福岡でももクロのライブがあるんすけど、クライマックスシリーズ(第1ステージ)の最中なんすよ。ライブに行くためにも(第1ステージをパスできる)優勝するしかないっすね」。3日現在、ソフトバンクは首位・楽天から7・5ゲーム差の3位だが、柳田はあきらめない。ペナント争いでもマー君に勝つ。気合十分だ。