鳥谷プロ初4番も空回り

2013年08月31日 16時00分

 和田監督のリフレッシュ策も実らず、阪神が30日の広島戦(甲子園)も0―3と今季18度目の完封負けで4連敗を喫した。この日、鳥谷をプロ10年目にして初となる4番スタメンに抜てき。さらに、二塁が定位置だった西岡を初めて三塁で起用した。しかし、ともに無安打。西岡はバント処理で転倒し、失点につながってしまった。指揮官は「流れを変えるという思いだったけど機能しなかった」と巨人3連敗のショックを払拭するための策が不発に終わり、肩を落とした。