ペドロ氏が最大級の賛辞「上原のコントロールは完璧」

2013年08月31日 11時00分

 レッドソックスの特別GM補佐ペドロ・マルティネス氏(41)はメジャー通算219勝、サイ・ヤング賞に3度輝いている。1998年から2004年までのレッドソックス時代は117勝(37敗)をマークし、「メジャー最高の投手」とうたわれた。そのマルティネス氏の目に守護神・上原浩治投手(38)はどう映っているのか。

「あのピンポイント・コントロールは素晴らしい!の一言に尽きる。完璧だ。それに彼は賢い。スピードを変えながら、思ったところに投げている。投球フォームも安定しているし、ストライクを投げるための懸念材料が一切見当たらない」

 コントロールの良さは誰もが褒める点だが、142キロのストレートで空振りを奪う上原の投球術をマルティネス氏は違う視点で評価した。

「彼にとって、152キロのストレートを投げる必要はない。どの球種も、初速はほとんど同じスピードで、同じ投球フォームだから(打者にとっては)やっかいなんだ。どんな打者に対しても、『アー、アー、アー!』って、あっという間に追い込んで、圧倒するんだ」

 そしてマルティネス氏はこう締めくくる。

「オレを信じてくれ。彼は142キロのストレートとスプリットだけで、これからも打者を手玉にとって、空振りを奪い続けるはずだ」