巨人来季もスター補強…西岡照準

2012年06月19日 12時00分

 圧倒的な強さを見せつけ、セ・リーグの球団としては初めて交流戦優勝を飾った巨人。次は3年ぶりのペナント奪回へ、その勢いは日を追うごとに増している。そのため原辰徳監督(53)や球団首脳は、7月末日の期限を待たずして今季中の戦力補強の〝終結〟を宣言。チーム編成作業は早くも来季に向かって動き出しており、阪神・平野恵一内野手(33)ら国内FA組だけでなく米大リーグ、ツインズの西岡剛内野手(27)にも照準を合わせ、獲得への準備を進めている。


 今のチーム状態なら何もしなくても十分に悲願のリーグ制覇、そして日本一奪回を成し遂げることができると判断しているのだろう。7月31日の期限はまだ先だが、球団幹部は「もうこちらから動いてトレードなどはしないと決めた」と言い切った。

 昨季は、前球団代表兼GMの主導で、ロッテからサブローをシーズン中に獲得。さらに不振のライアルに代わる助っ人としてフィールズを緊急補強した。だが今季はその必要はない。ソフトバンクからFAで獲得した杉内は5月30日の楽天戦でノーヒットノーランを達成するなど、いまや押しも押されもしないG投のエースとなり、もう一人のFA選手である村田も期待通りの働きを見せている。

 野手陣の充実ぶりは、原監督が選手の入れ替えに頭を抱えるほど。外国人枠も投手、野手とも〝満席〟状態だ。フロントが「選手は十分に足りている」と豪語するのも納得できる。

 球団の編成作業は「すでに来年を見据えた調査にシフトしている」という。清武前GMの方針で大型補強を封印していた反動と、今年の杉内、村田獲得の成功により、来季もまた球界の〝ビッグネーム〟を狙うのは確実だ。補強のポイントは「強打の野手」と「打って守れる二塁手」。この条件にかなう実績がある選手として、浮上してくるのが西岡と平野だ。

 西岡は2011年に3年契約(4年目は球団オプション)でツインズと契約。1年目は左足骨折など故障に泣き、期待を大幅に裏切った。巻き返しを狙った今季も開幕をツ軍傘下3Aロチェスターで迎え、結果を出してもなかなか昇格できずにいる。

 来季は3年契約の最終年。とはいえツ軍が日本人野手を持て余しているのは間違いない。マイナー選手に約300万ドルの年俸を支払わなければならないのではわりにあわない。巨人側から好条件が提示されれば、喜んで手放すだろう。西岡も日本球界復帰を望んでいるという。

 国内FA権を獲得した平野に関し、阪神側はすでに全力で慰留に努める姿勢を打ち出しているが、関東出身(神奈川県川崎市)出身でもあり、少しでも可能性があれば読売グループの総力を挙げて獲得に動くことになりそう。

 今後の調査によっては違うスター選手の名前が獲得候補として挙がるかもしれない。無敵巨人は新たな黄金時代建設へ、腰を据えてまい進する。