能見〝雑音封じ〟失敗

2012年06月18日 12時00分

 阪神の能見が17日のロッテ戦(QVCマリン)に先発したが、6回途中10安打4失点でKOされた。

 虎のエースがマリンガン打線に捕まった。3回二死から2番根元の右翼へのソロ本塁打で先制点を許すと、5回は二死満塁で3番井口に痛恨の押し出し四球。直後の攻撃で味方打線が1点を取り返し、ここから態勢を立て直したいところだったが、現実は厳しかった。

 6回先頭の5番角中、6番今江に連打を浴びると、一死から8番里崎にも左前に運ばれて満塁の大ピンチ。続く清田の打球は中堅方向に大きく伸びる。打球は風に乗ってフェンスに直撃し、2点適時二塁打を浴びたところで交代が告げられた。

 能見は前回9日のオリックス戦(甲子園)でも5回4失点で降板したばかり。この時は右翼手のマートンが失点につながる緩慢プレーを行った揚げ句「アイ、ドント、ライク、ノウミさん(能見さんが嫌い)」などと暴言を吐く騒動もあった。もちろん能見もアメリカンジョークと認識しているが、最近は報道陣との会話も減少。舌禍騒動の影響がなかったとは言い切れない。

 そんな中で訪れた先発マウンド。グラウンド外の喧騒を封じ込めるためにも、ここで好投したいところだったが…。能見の降板のタイミングを問われた和田監督は「交代が遅かった? あそこはエースに任せたので」と泰然自若に振り返った。

 阪神は8回に6連打で一時は逆転したが、救援の藤川が1点のリードを守りきれず無念のドロー。4位に低迷するチームを立て直すためにも、投の柱の完全復活が待たれる。