巨人「ルーキー対策」失敗

2012年06月18日 12時00分

 巨人は17日、杉内の〝粘投〟も打線が援護できず楽天戦(Kスタ宮城)に1—2で惜敗し、今季の交流戦最後の試合を白星で飾れなかった。

「序盤にヒットを打たれすぎです。Kスタとの相性が悪い? 今日はそんな事は関係ないです」。敗戦の責任を全て背負った背番号18は厳しい表情で球場を後にした。

 初回の2失点だけだった。二死一塁で迎えた4番・ガルシアへの2球目だった。高めに入った直球を、広い同球場のバックスクリーン左まで運ばれた。しかし、その後は5回まで毎回ヒットを許しながらも無失点。そのまま8回まで投げ抜いた。

 立ち上がりの悪さは、もはや杉内にとって当たり前の現象となっているが、川口投手総合コーチは「楽天は前の試合(5月30日)でノーヒットノーランだっただけに、対応している。だって三振が少なかったでしょ? 対応してきたということですよ」と分析した。確かに14奪三振の前回に比べ、今回はわずか5。甘く見ていたわけではないだろうが、一瞬の隙を狙われた。

 打線は高卒ルーキー釜田にわずか1点に抑えられた。試合後、橋上戦略コーチは「極端な話、本格派と技巧派の認識を誤った。思ったよりボールを動かしてきたり、技巧派だったということ」対策の失敗を認めた。ナインからは「思ったよりも球が動いているという感じ」(坂本)という声が続出していた。

 これで交流戦全日程が終了。22日からリーグ戦が再開する。