夏男・大場 お立ち台で〝冷や汗〟

2012年06月18日 12時00分

手のひらに〝カンペ〟が…

 ソフトバンクは17日、DeNA戦(ヤフードーム)に1—0で競り勝った。勝利の立役者は先発ローテーション入りを狙う先発の〝夏男〟大場だ。この日は6回を無失点に抑える力投でチームに貢献した。


 大場の季節がやってきた。DeNA打線を相手に6回を投げて3安打無失点。やや制球にバラつきがあり4四死球を出したが、2回、無死一、三塁の最大のピンチを切り抜けるなど、粘りの投球を見せた。

 試合後はお立ち台に立ち「福岡の夏といえば、山笠。山笠の掛け声といえば〝おいさ〟。1、2、3、おいさ! からの(チームスローガン)〝ブイブイ〟でお願いします!」。おなじみのパフォーマンスでヤフードームを沸かせた。(写真は手のひらに書いておいたコメントを暴露された大場)

 これで今季初先発となった前回登板の阪神戦(10日・甲子園)から連勝。リーグ戦が再開すれば先発ローテの5人目、6人目が必要になってくる。そんな中で猛アピール。秋山監督も「今日の内容だったら先発ローテーションに入ってくるんじゃない」と目を細めた。

 昨季も7月に救援投手として2年ぶりの白星を挙げると、8月の月間MVPを獲得するなど夏場にかけてフル回転した。春季キャンプ中に右肩痛で出遅れたものの、今季も気温と共に調子を上げてきた。もちろんまだ満足はしていない。

「去年と今年では年数も1年たっている。僕も5年目。夏とかじゃなくて、先発で回って(現段階で)6勝とか7勝をしていないといけない立場。出遅れた分は全部勝つつもりに思っている。目標に掲げた2ケタ勝利も全部勝てば無理な数字じゃない」


 7回からは救援陣が相手打線の反撃を寄せつけず、虎の子の1点を守り抜いた。負ければ屈辱の交流戦最下位が確定する大事な一戦で見事な勝利だ。試合後、秋山監督は22日から再開するリーグ戦に向けて「投手陣は落ち着いてきた。あとは打つほうが(調子を)上げられるか」と、打線の奮起に期待した。