中日・森野〝モリミチ化〟で不振脱出?

2012年06月17日 14時00分

 なかなか波に乗り切れない高木竜の中で、不振の森野が心配されている。この日は初回に先制適時打を放ったが、打率2割1分3厘、2本塁打はチームの要としては寂しすぎる数字。


 高木監督は「今は気持ちですよ。フリー打撃ではある程度の形で打てているのに…。もっと(試合で)気持ちを出してくれないと。ちょっとけんか腰でやるような形でやってくれれば…。(アウトになって)アカーンという感じじゃなくてね」という。チーム関係者も同意見。「本当なら悔しくて悔しくてたまらないはず。それなのに、どこか平静を装ってプレーしているように見える。もっと闘争心をむき出しにして試合に臨んだ方がいい」と指摘する。


 そんななか、チーム内からは「森野は高木監督になればいいんだ! 監督ぐらいの気概を持ってプレーした方がモヤモヤが吹っ切れるはず」との声が…。試合中にミスしたコーチを怒鳴りつけるなど、超短気。現役時代から「瞬間湯沸かし器」の異名を持つ指揮官の熱い性格を森野は見習うべきというのだ。

 

 森野の打棒復活は〝モリミチ化〟できるかどうかが鍵? 何はともあれ、周囲は森野のことが心配でたまらないようだ。