中畑監督 炎上国吉続投の理由

2013年08月26日 16時00分

ロペスに満塁弾を浴び、ぼうぜんと打球を見送る国吉

 DeNA首脳陣の非情采配に、選手たちが震え上がった。25日の巨人戦に先発した国吉佑樹(21)は、3回までにロペスの満塁弾などで7失点と大炎上。それでも交代させられることなく6回15安打11失点まで投げ続けた。

 

 中畑監督は「国吉だから。悔しさを感じないと、みんながついてこなくなる」と将来のエース候補ゆえの続投と説明。それでも2―16の大敗に、スタンドのファンからは「カネ返せ!」「中畑、出てきて説明しろ!」と怒号が飛び、試合後に二軍降格を告げられた国吉に対して投手陣からは「あれでは国吉は、もう巨人戦に投げられなくなる。自分もいつあんな目に遭うか」と同情と恐怖の声が上がった。

 

 だが、友利投手コーチは「本当は(国吉が)全部、投げないといけない」と何失点でも完投させるつもりだったという。6回に代打を送って国吉を降板させたのは「監督がファンのことを考えて」(同コーチ)の決断だったとか。27日からの広島3連戦(マツダ)がCS進出への生き残りをかけた大一番になるが、今回のショック療法は吉と出るか。