西岡ポーズは高校野球のパクリ?

2013年08月23日 10時50分

お決まりの阪神のポーズ(右側)と北照ナインが試合前に行ったポーズ

 球児たちの熱戦が繰り広げられた甲子園。下馬評の高かった強豪校が次々と姿を消し、ベスト4すべてが優勝未経験校という波乱の展開になったが、グラウンド外でもハプニングが続出していた。舞台裏の“事件”をお届けする。

【甲子園“事件簿”(1)】北照(南北海道)は試合前と5回終了時にベンチ前で全員が両腕を掲げて人さし指を天に向かって伸ばす阪神の“西岡パフォーマンス”みたいなものを行ったが、試合後大会本部から「阪神がやってるポーズでしょう。相手がどう思うか、ということです」と注意されてしまった。

 派手なパフォーマンスはご法度だからだが、実はこれ、北照が伝統的にやってきた気合注入のための“儀式”という。「僕らが先にやっていたこと。阪神さんがパクったのでは…」と北照ナインは“モノマネ疑惑”に関しては納得できない様子だった。