和田アキ子の前でイチロー4000安打「この場にいられて幸せ」

2013年08月22日 10時25分

【ニューヨーク21日(日本時間22日)発】ヤンキースのイチロー外野手(39)がブルージェイズ戦で1回の第1打席に左前打を放ち、日米通算4000安打を達成した。偉業を達成したイチローに何とも心強いサポーターが激励に訪れていた。その人は「芸能界のご意見番」「ゴッドねぇちゃん」こと和田アキ子(63)だ。

 イチローと和田は以前から交流があり、家族ぐるみのつき合いだという。試合のなかった19日にはイチローが自宅に和田を招待して食事を共にした。

 日米通算4000安打について、よく知らなかったという和田は「ご飯の時は、そんな話、全然しなかったんですけど、周りに聞いたら大変な時期で私の方が緊張しちゃって。すごくうれしいですね」と、にっこり笑った。

 イチローのプレーはシアトルで見ているそうだが、ヤンキー・スタジアムは初めてだ。「(グラウンドに出て)ゾクッとした。自分が出るみたい。どきどきする。今日は私にとって忘れられない日になるでしょうね」と興奮気味に話していたアッコ。大御所・和田をしても、この日の球場の雰囲気は特別のようだ。

 

 イチローの偉業達成を目撃したアッコは、涙を流しながら「いきなりやってくれたね。第1打席で…この場にいられて幸せです。本当に励みになります」とコメントした。