スパイ疑惑の花巻東に高野連「没収試合もありうる」

2013年08月20日 16時00分

グラウンドを後にする佐々木監督と花巻東ナイン

<第95回全国高校野球選手権大会(19日)>花巻東(岩手)5ー4鳴門(徳島)

 

 準々決勝第1試合の花巻東(岩手)vs鳴門(徳島)で花巻東のランナーの動きを審判が注意する事態が発生した。二塁から捕手のサインを伝達しているのではないかと疑われたもの。花巻東の関係者は“スパイ疑惑”を完全否定したが、高野連はどう受け止めているのか。高野連・竹中雅彦参事に聞いた。

 

 ――花巻東にサイン盗みの疑惑が浮上したが

 

 竹中参事:疑わしいことをしていたらやめさせる、という規定通りに審判が注意をしたということです。

 

 ――検証作業はするのか

 

 竹中:(サイン盗みを)やっているとか、やっていないとかという検証はしない。(花巻東の)佐々木監督と部長に確認したら「やっていない」ということだったので。

 

 ――以前からやっていたという声も聞かれているが

 

 竹中:それは知らない。県大会の報告も受けていない。

 

 ――では、今回注意しただけで終わりということか

 

 竹中:一度注意したにもかかわらず、今大会中にまたやるようなことがあれば、没収試合ということもあります。

 

 ――この件で抗議電話などは

 

 竹中:「そんなの許していいのか」というような電話が何件かかかってきています。同じように説明をしています。