巨人交流戦Vはお預け

2012年06月15日 12時00分

 巨人は14日、交流戦Vマジック「2」で臨んだ日本ハム戦(札幌ドーム)に1―5で敗れ、この日の優勝はならなかった。先発のた澤村拓一(24)は5回に押し出し四球で勝ち越し点を献上するなど、7回を投げ9安打2失点。自身4連敗で早くも7敗目だ。リーグ戦再開後を見据えて、再調整が求められそうだ。打線も相手先発・吉川光夫(24)に3安打1失点に抑えられ、澤村を援護できなかった。

 

澤村は立ち上がりは順調だった。初回に二者連続三振を奪うなど、4回まで散発4安打無失点。持ち味の150㌔超の直球を連発し、相手打線を圧倒した。

 

 チームは初回に村田の右中間を破る二塁打で挙げた虎の子の1点を守り抜きたいところだったが、5回に日本ハム打線につかまった。

 

 先頭打者の陽に中前打を許すと、続くホフパワーにも外角低めの変化球をうまくとらえられ、右前打された。すると最近の課題となっている抜け球が出始めた。加藤に四球を与え、無死満塁。川口投手総合コーチもマウンドに行き、何とか落ち着かせようとするが、力みは取れない。

 

 続く鶴岡には外のまっすぐをとらえられ、これで同点。小谷野には押し出し四球で勝ち越しの1点を献上。大量失点は許さなかったが、相手の拙攻に助けられたといったほうがいい内容だった。

 

 澤村にとっては背水の陣といえる大事な試合だった。ここまで3連敗中。首脳陣からはいい時のフォームと比べると反動に頼って投げていることを指摘された。体の軸を使い投げるよう指導され、フォーム修正を行ったが、粘り強く攻める日本ハム打線につかまった。

 

 チームにとっても澤村にはなんとか復調してもらいたいところ。交流戦は先発ローテーションを澤村を含めて4人で回したが「みんな、疲れてきている」(川口投手総合コーチ)。各投手の投げるイニングを減らすなど、負担軽減に努めているが、それにも限界がある。リーグ戦再開後の厳しい日程に対応するには、昨年唯一先発ロテーションを守り通したタフネス右腕の力は絶対に必要だ。

 

 打線も〝スミ1〟に終わり、投打共に完敗。セ球団としては初の交流戦Vは次に仙台で行われる楽天戦に持ち越しとなった。次戦はしっかり勝って歓喜の時を味わうつもりだ。