8連敗DeNA…1敗以上の「屈辱」

2013年08月09日 16時00分

ベンチで頭をかきむしる中畑監督

 DeNAが8日の巨人戦(横浜)に6―7で敗れ8連敗。さらにただの1敗以上の屈辱を味わった。巨人は左腕・藤井が先発のため阿部を温存し、4番にロペスを置く余裕の布陣。スタメンを見たDeNAナインは「なめられた」と発奮した。

 

 試合も3―3で迎えた6回二死二、三塁で巨人は先発澤村をそのまま打席に送る余裕を見せた。それでも5―5の8回、山崎の適時打でDeNAが勝ち越しに成功。9回も二死一、二塁と勝利まであと一死としたが長野の左中間へのフライを途中出場の左翼・井手が捕れず2点を失い逆転負けを喫した。

 

 DeNAナインの1人は「巨人は阿部さんを休ませているしマシソンにも投げさせなかった。これだけ余裕の試合運びをやられて勝てなかったのは悔しい」と残り試合でのリベンジを誓った。中畑監督も「悔しい試合。決め手が弱かった」と表情は硬かった。巨人との今季の対戦成績は2勝12敗。怒りのパワーだけでは巨人からの白星は難しいということか。