効かなかった〝佑ちゃんマジック〟

2012年06月14日 12時00分

 13日、日本ハム・斎藤佑樹が巨人戦に公式戦初登板したが5回2/3を11安打4失点と覇気がなく5敗目(5勝)を喫した。

「今、一番強いチームに投げられるのは楽しみだし幸せ。内容も大事だけど勝つことを優先させたい」。試合前にはそう語っていたが、現実は厳しかった。

 立ち上がりからボールが先行する苦しい投球。4回まで毎回走者を出しながら要所を締める〝佑ちゃんマジック〟でなんとか「0」を並べていた。

 栗山監督から「こちらが何も言わなくてもたくさんのことを感じているだろうし、佑樹にとって大きな試合になってほしい」と期待を託されたマウンドでもあった。

 だがこの日は、それに応えるだけの制球力がなかった。5回に9番・寺内に甘く入ったストレートを右前に運ばれるとここまで2安打されている長野に初球のツーシームを6号2ランされ先制を許す。さらに二死満塁とされ同じく2安打されていた6番・高橋由に猛打賞となる右前適時打を打たれ3点目。6回も二死から3連打で1点を失い、KOとなった。