ダルビッシュ球宴出場ピンチ

2012年06月15日 12時00分

 レンジャーズのダルビッシュ有投手(25)のオールスター戦(日本時間7月11日、カンザスシティー)の初出場が微妙な状況になってきた。

 

 米スポーツ専門局ESPNダラスのウェブサイトは、レンジャーズの5人の選手がオールスターに出場すべき活躍をしていると報じたが、その中にダルビッシュの名前はなかった。同サイトは「前半戦で最高の選手であり続けているハミルトン、そしてベルトレは先発出場すべき」とし、さらにナポリとキンスラー、投手陣からは抑えのネーサンを〝選出〟した。

 

 ダルビッシュは開幕からの10試合で7勝2敗、防御率3・25と好成績を収め、オールスターでア・リーグの指揮を執るレンジャーズのワシントン監督も「チームで一番勝っているし、当然考えている」と監督推薦での選出に前向きだった。しかし、最近4試合で3敗を喫したことで一気にトーンダウン。長く守ってきたチーム勝ち頭の座も、8日(同9日)のジャイアンツ戦でチーム初完投初完封勝利となる8勝目を挙げたハリソンに譲ったことで、他の有力候補を押しのけて選ばれる理由もなくなってしまった。

 

 ちなみにダルビッシュはオールスター出場で、5万ドル(約400万円)の出来高を手にする契約を結んでいる。オールスター出場にふさわしいインパクトを与えるためには、次回15日(同16日)のアストロズ戦からオールスターまでの4試合で4連勝するような圧倒した投球を見せるしかなさそうだ。